2023年版 | マイケルコースを利用する年齢層は?

2023年版 | マイケルコースを利用する年齢層は?

ブランド概要

マイケル コースは、高級アクセサリーやレディ・トゥ・ウェア商品で知られる著名なデザイナーブランドです。このブランドは1981年に設立され、本社はニューヨークにあります。店舗は、ニューヨーク、ビバリーヒルズ、シカゴ、ロンドン、ミラノなど、世界中の一流の都市で運営されています。

MKのブランディング

以前は特に16歳から39歳までの人々に人気があったマイケル コースですが、最新のデータによるとその人気層が変わってきています。このブランドは、年間収入が100,000ドルから250,000ドルの層を主にターゲットとしています。特に、働く女性、主婦、そして若い世代が愛用しています。マイケル コースは、自身もブランドの顔となる著名なデザイナーであり、セレブリティにも支持されています。

マイケル コースの年齢層とターゲットマーケット

SimilarWebとは、ウェブ分析に関する信頼性の高いデータと洞察を提供する会社であり、そのデータはマーケティング専門家やビジネスオーナーから高い評価を受けています。2023年8月時点でのSimilarWebのデータによれば、Michael Korsの直近3ヶ月のWebトラフィックは以下のような年齢と性別の割合で構成されています。

  • 18-24歳: 9.87%
  • 25-34歳: 27.93%
  • 35-44歳: 21.52%
  • 45-54歳: 19%
  • 55-64歳: 14%
  • 65歳以上: 7.56%
  • 女性: 68.83%
  • 男性: 31.17%
このデータから、Michael Korsは全ての世代に幅広く愛されていることがわかります。特に、20代(25-34歳が27.93%)と30代(35-44歳が21.52%)での人気が高いことが窺えます。また、性別によっても分析すると、女性が68.83%と多くのトラフィックを占めていますが、男性も31.17%と無視できない割合であります。
以上の情報を踏まえて、Michael Korsは20代〜40代、特に女性に人気が高いブランドであると言えますが、10代、50代からも一定の支持を得ています。

ブラックサンデーアウトレットMKバナー

MK ブランドと製品ライン

MK(マイケル コース)ブランドは、MK 財布やMK アクセサリーといった多種多様な製品を取り扱っています。特に、MK 財布はアフォーダブルな価格設定にもかかわらず、高品質と洗練されたデザインで評価されています。

マイケル コース メンズの展開

最近では、男性向けの製品も強化しており、「マイケル コース メンズ」として展開されています。2017年には男性向け製品が全体の売上の3%を占めていましたが、2018年にはその数字が8%にまで増加すると予想されています。

競合他社との戦略

競合ブランドとしては、かつてはCoach(現在のTapestry)がありましたが、2023年にタペストリーがカプリ・ホールディングスを約85億ドル(約1兆2000億円)で買収すると発表しました。この買収により、タペストリーは「コーチ(COACH)」、「ケイト・スペード ニューヨーク(kate spade new york)」、「スチュアート・ワイツマン(Stuart Weitzman)」に加えて、「ヴェルサーチ(VERSACE)」、「ジミー チュウ(JIMMY CHOO)」、「マイケル・コース(MICHAEL KORS)」を傘下に持つことになります。この動きは、マイケルコースが世界中から、さらに注目されるようになるかもしれません。

総括

マイケル コースは、年齢層、収入層、さまざまなライフスタイルにわたる広範な顧客層に魅力的なブランドです。MK ブランドとしての財布や、新たに展開しているマイケル コース メンズ製品も含め、多くの人々に支持されています。このブランドは、現代のファッションとライフスタイルに適応し続ける戦略を展開しており、今後も注目される存在と言えるでしょう。

弊社の人気商品!

マイケル コース長財布
マイケル コース 斜めかけバッグ
マイケル コース トートバッグ

商品にご興味がある方はぜひ、「毎日がセール価格」のブラックサンデーアウトレットにお越しください!

ブログに戻る