マイケルコース 長財布 8色

2023年版 | マイケルコース アウトレット 長財布 レディースの人気おすすめ紹介!

長財布のメリット

まず、実際に長財布を手に取って触ってみない限り、これからおすすめする内容を理解するのは難しいかもしれません。そのため、最初に、1分で全体の概要を簡潔に説明します。

長財布のメリットは、、、

  • 収納力が高い
  • 使いやすい設計
  • お札を折らずに収納できる

 実際に、マイケルコース長財布の中身を1分にまとめた動画で見てみましょう!ストラップは取り外しができます。


はじめに

それでは本題に入らせていただきます。

電子決済が急速に普及している現代でも、ブランド物の財布はその人気を失っておらず、ファッションやプレゼントとして重宝されています。

ですが、高価で長く身につける物を購入する際に悩む人はとても多いと思います。

悩みポイント

  • 人と被りたくない
  • 個性を出したい
  • 周りの評価が気になる
  • 予算も気になる

今回は迷っている方にも満足していただけるように、マイケルコース財布のレディース向けに焦点を当て、おすすめの選び方や当店の人気商品をご紹介します!

(※海外でのブランド選び基準に興味がある方はぜひ「世界の若者がブランドを選ぶ基準」のブログ記事もご覧ください。)

 ブラックサンデーアウトレットの佐藤

ブラックサンデーアウトレット:佐藤
「バイヤーとして、アメリカ・ロサンゼルスと日本をつないでいます。ぜひ【公式】インスタもフォローしてくださいね!」


マイケルコースと他の高級ブランドとの違い

マイケルコースの年齢層

  • 18-24歳: 9.87%
  • 25-34歳: 27.93%
  • 35-44歳: 21.52%
  • 45-54歳: 19%
  • 55-64歳: 14%
  • 65歳以上: 7.56%

(※この調査の詳細は「2023年版 | マイケルコースを利用する年齢層は?」ブログで確認できます。)

この年齢層の分布は、高級ブランドの代表格である「ルイヴィトン」や「シャネル」と似ているように感じます。マイケルコースは価格が手頃なため、若い層にも人気がありますが、それでも50代や60代の方々にもしっかりと愛用されており、幅広い年齢層に受け入れられていることがわかります。

しかしながら、ルイヴィトンのような高級ブランドは、定番商品が中心のため他の人と同じものを持つことが多く、それが悩みの一因かもしれません。それに対して、マイケルコースは日本での知名度は高いものの流通量は限られており、さらにデザインのバリエーションも豊富なので、他の人とは違った個性を持つアイテムを選びやすいです。

(※マイケルコースがどんなブランドかもっと知りたい方は「MKってどんなブランド?」を参照ください。)


レディース長財布の選び方

  1. 素材選び: レザーかキャンバスか
  2. カラーバリエーション: 白やピンク系か、黒やブラウン系
  3. 予算: 自分の予算に合ったものを選ぼう

その1:素材の詳細

  • レザー: 耐久性があり、高級感が漂います。
  • キャンバス: 水に強く、独自のデザインがあります。

マイケルコースの財布では、レザー(写真:上)は主に「ペブルレザー」と呼ばれる、小石のようなテクスチャが施されているものが多いです。一方で、キャンバス(写真:下)は布地にコーティングが施されています。これにより、レザーに似た質感を持ちつつ、ツヤがあり水も弾きます。

私的には優劣はありません。完全に用途と好みで選んでいただければ大丈夫です。

 

レザー生地(ペブルレザー)
マイケル・コース 長財布 / Jet Set Travel Continental / ブラック ペブルレザー
キャンバス生地(コーテッド)
マイケル・コース 長財布 / Jet Set Travel Continental / パウダーブラッシュ キャンバス
(※レザーの種類についてもっと知りたい方は「ハイブランドのレザーの種類について」ブログで確認できます。)

その2:カラー選び

  • 落ち着いたカラー: 黒や茶色は場面を選ばず使えます。
  • 明るいカラー: 好みやシチュエーションに応じて。

とにかく、MKはカラーバリエーションが多いのが魅力です!スタンダードな白・黒・茶色から、ピンクやグレーなども用意されており、欲しい色が見つかると思います。白も温かみのあるホワイトと、真っ白なスーパーホワイトがあります。

マイケルコース長財布の8色カラー

その3:予算

  • マイケルコース アウトレット:1万円台から始まる
  • アウトレットばれる?:一般的には区別はつかない

マイケルコースの魅力は、他の海外高級ブランドと比較して、コストパフォーマンスが高い点です。高品質の素材と優れたデザイン性を併せ持ち、世界的にも認知されているハイブランドと言えます。

VOGUEによると、テイラー・スウィフトミランダ・カージジ・ハディッドといったセレブも愛用しています。まさに、アメリカを代表するブランドでしょう。

アウトレットで購入することに抵抗がある人もいるようですが、アンケートによれば、アメリカではアウトレットで正規品を購入する人が65%に上り、気に入った商品であればアウトレットであっても気にしない人が6割を超えています。

実際、商品を区別できるのは業者ぐらいで、私の知っている業者も「多分、、、」くらいのレベルです。つまり、アウトレットであることを気にしない、または区別がつかないのが相場です。

ですので、好きなものを選んで購入すればいいのです♪

元々、コーチやマイケルコースはアウトレットで成功しているブランドであり、リテール店で売れ残った商品がアウトレットに流れるというよりは、最初からアウトレット専用に生産された商品が多いです。(この点については、また別のブログで詳しく説明します。)

ルイ・ヴィトンやエルメスなど、アウトレット戦略を採用していないブランドと比べること自体が、その戦略が異なるため意味がありませんよね。


並行輸入品を狙おう!

価格に関して触れましたが、マイケルコースはアウトレット品よりもさらにお得に購入する方法をご存じでしょうか?

マイケルコースはアメリカのブランドです。アメリカのアウトレットでの購入価格と日本での市場価格には差があります。その価格差を活用し、アメリカから日本への輸入を行うことで、さらにお得に購入できるのです。この方法を「並行輸入」と言います。もちろん、商品は正規品です。

つまり、旅行先で安くブランド品が買えたのと同じですね!

(※並行輸入品についてもっと詳しく知りたい方は「並行輸入品について知っておくべき4つのポイント」をご参照ください。)

ブラックサンデーアウトレットがアメリカから直接輸入したマイケルコースのコレクションは、こちらからご確認いただけます♪

↓↓

マイケルコースアウトレット

ブログに戻る